いうまでもなく新宿は風俗の激戦区

いうまでもなく、新宿は風俗の激戦区です。ゲイが集まるエリアもあれば、ストレートな人向けの店もあります。まさに日本一の風俗の激戦区です。

ストレートな人向けの店といっても、それは一口で言い表せないほどの店があります。

SMプレイをさせてくれる店、学園っぽさを売りにしている店、人妻を売りにしている店などなど…。変わったコンセプトの店もたくさんありますし、その質がいいのも新宿だからです。

夜の新宿をウロウロしていたら、風俗に飽きてしまったなんて事は絶対にないと思います。なにかしら新しい店を発見して、楽しむ事ができます。だから新宿は、いつまでも人がたくさん集まっているんだと思います。常に新しさや刺激を求められる町です。

これは私がデリヘルに行った時に体験したことです。

デリヘルのお店に行くと顔の出ている写真で女の子を選ぶのですがなかなかかわいい女の子がいたので、そのかわいい女の子を選びました。

するとお店からアンケートのような紙をもらいました。

そのアンケートには女の子を選んだ理由とか、どんなプレイが希望なのかとか答えるようになっていました。

私はどんなプレイが希望なのかという質問に、ストッキングを脱がしてみたい、と書きこみました。

だめならだめでもいいと思って書き込みました。

私は本当に女の子のストッキングを脱がして見たかったのです。

私はあのストッキングの肌ざわりがとても好きなのです。

できることなら黒のストッキングがいいのですが、女の子がストッキングをはいているかどうかもわかりません。

書くことがなかったので書いてみたというところもありました。

アンケートも書きおわりわくわくしながらデリヘルのお店で待っていました。

私はこのデリヘルの待ち合い部屋で待っている時間が一番嫌いなのです。

それは知り合いが来たらどうしようかという不安があるからです。

できることならデリヘルの待ち合い部屋は個室にして欲しいものです。

そんなことを考えていると、やっと女の子の準備ができたので迎えに来た車の後ろに乗りました。

隣には女の子が乗っていました。

私は最初に女の子がストッキングをはいているかどうか確認しました。

残念なことに女の子はストッキングをはいていませんでした。

だけど写真よりもとてもかわいくて胸も大きいのでとても気にいりました。

少し話をしている間にホテルに到着しました。

そしてお風呂で体を洗ってもらいました。

ベッドに行くと女の子がバックからストッキングを取り出してはいてくれたのです。

女の子は優しく脱がしてねと言ってくれました。

私は早速ストッキングにさわりながら少しづつ脱がしていきました。

すごくいい匂いがして最高の瞬間でした。

5回くらい女の子のストッキングを脱がしてみたりはかせてみたりしました。

あまり激しくストッキングを触っていたのでストッキングに電線が入ってしまいました。

女の子は電線の入ってしまったストッキングをホテルのゴミ箱に捨てたのです。

私はそのストッキングを持ち帰りたくなりました。

女の子にお願いしようと思いましたが恥ずかしくて言い出せませんでした。

私はいろいろ考えてホテルを出る時わざとタバコを忘れて、女の子と部屋の外に出てから、タバコの忘れて物を取りに行くふりをしてゴミ箱の中のストッキングを持ち帰ってしまいました。

[アダルトPR] 新宿風俗・デリヘル情報 | 風俗ムーブ